月別アーカイブ: 2013年2月

京都市立芸術大学 作品展ツアー! [後編]

油画M2・吉田芙美子作品

油画M2・吉田芙美子作品


 
大学へと到着し、『アートワークスプロジェクト @KCUA』を監修されていらっしゃる鶴田憲次教授ともお会いするため、まずはアトリエ棟に向かいました。鶴田教授には構想中のART OSAKAでの展示についてもご理解と歓迎をいただき、今回の作品展ツアーは意義のあるものとなりました。さて、気付けばの残り時間も僅かに・・・実行委員による若手作家の発掘&選出の目もピリリとしてきました。
 
 
20130225_08
 
学内展示、アトリエ棟の油画および版画  写真左上:油画M2・比果彩さん、右上:油画M2・野原万里絵さん、 左下:版画M2・河股由希さん、右下:油画M2・塩入ゆりさん

学内展示、アトリエ棟の油画および版画
写真左上:油画M2・比果彩さん、右上:油画M2・野原万里絵さん、
左下:版画M2・河股由希さん、右下:油画M2・塩入ゆりさん


 
学内展示では、個展形式での作品発表が主となっており、それぞれの作家さんの制作に対する意識や世界観との対話をしやすいのが魅力です。ポートフォリオも入念にチェック!
 
時には、合評に遭遇することもあります。今回のツアー中も、美術館と学内の会場の双方で少し拝見しました。
 
 
学内展示、彫刻棟  写真左:彫刻M2・山下拓也さん(合評中)、右:ポートフォリオに見入るテヅカヤマギャラリー松尾氏

学内展示、彫刻棟
写真左:彫刻M2・山下拓也さん(合評中)、右:ポートフォリオに見入るテヅカヤマギャラリー松尾氏


 
学内展示、彫刻棟と小ギャラリー / 写真左:彫刻4回生・迎英里子さん、右:陶磁M2・宮川奈都美さん

学内展示、彫刻棟と小ギャラリー / 写真左:彫刻4回生・迎英里子さん、右:陶磁M2・宮川奈都美さん


 
学内展示、新研究棟と中央棟 / 写真左:ART OSAKA事務局フェアマネジャー宮本氏、右:構想設計4回生・五藤彰さん。

学内展示、新研究棟と中央棟 / 写真左:ART OSAKA事務局フェアマネジャー宮本氏、右:構想設計4回生・五藤彰さん。


 
今回、ご紹介している写真は本当にほんの一部です。力作がたくさん!しかし意外にも、すっきりとした空間演出で、見易さへの配慮・工夫がされている印象も受けました。
 
別日には、他の実行委員メンバーも同じく作品展を見て回っています。ギャラリーほそかわ細川氏は、2日連続で見に来られていたとのこと。京都市内のギャラリーでも、さらに学外展示を積極的に行っている作家さんもいますし、渾身の作品を拝見させていただきどうもありがとうございました。寒い中、受付をされていた学生の皆さんにも、指導にあたる教授方やスタッフの皆さまも、本当にお疲れさまです!
 
これから実行委員メンバー間で、今回のツアーを再度復習しながら、構想中の展示企画も詰めていく予定です。進捗はこちらのブログでもアップできればと思います。
 
夏のART OSAKAに向けての冬仕込は、このようなかたちで始まっています。乞うご期待!ART OSAKA 2013どうぞお楽しみに!!
 

本日参加したART OSAKA実行委員メンバー
松尾(テヅカヤマギャラリー)、宮本(ART OSAKA事務局フェアマネジャー)、井上(ヨシアキイノウエギャラリー)、細川(ギャラリーほそかわ)、林(ギャラリーノマル)、今中(ギャラリーノマル)、大場(アートコートギャラリー)
 
※「京都市立芸術大学 作品展」は、2013年2月13日〜17日に開催されました(現在は展示終了しています)。
「京都市立芸術大学 作品展」オフィシャルサイト> http://w3.kcua.ac.jp/~exhibi-s/
 
text:大場美和/『アートワークスプロジェクト @KCUA』コーディネート担当、アートコートギャラリー
 

京都市立芸術大学 作品展ツアー! [前編]

ART OSAKA実行委員メンバーによる、2013年課外活動・その1。
 
ということで、「京都市立芸術大学 作品展」ツアーを敢行してまいりました。
 
20130225_01
 
 
どーん! やはり、まずは京都市美術館ですね。2月15日、天候は雨時々曇り。今年の作品展のビジュアルイメージ(ポスター)は、シックな風合いです。
 
美術館のエントランスで、今日の課外活動の目的を確認しあいます。
 
 
20130225_02
 
さて、突然の発表ですが、今年のART OSAKA 2013では、フェア独自の企画展として、『アートワークスプロジェクト @KCUA in ART OSAKA 2013』(仮)を現在構想中!であります。
 
ART OSAKAの会場となるホテルグランヴィア大阪・26階は、2009年7月に“グランヴィアフロア〜憩(いこい)〜”にリニューアルされて以降、現代アートを展示するコンセプトフロアとなって営業されていらっしゃいます。皆さん、ご存知でしたか? そのリニューアル当初から同ホテルでは、京都市立芸術大学との産学協同事業として、26階の48客室とエレベーターホールに有望な若手作家の作品を常時展示し、一年ごとに展示替えをするプロジェクトを行っているのです。それが、『アートワークスプロジェクト @KCUA (Kyoto City University of Art)』 !
 
 

アートワークスプロジェクト @KCUA の展示風景(ホテルグランヴィア大阪・26階)

アートワークスプロジェクト @KCUA の展示風景(ホテルグランヴィア大阪・26階)


 
昨年まで、ART OSAKA期間中は常時展示している作品を一時的に引き上げていたのですが、今年は、このプロジェクトとART OSAKAがタッグを組み、アートファンの皆様に、この会場ならではの展示をぜひご覧いただきましょう!さらには、展示作家もART OSAKAから選出させていただきたい!というわけで、ART OSAKAで展示をお願いしたいアーティストとの出会いを求めて、我々実行委員メンバーは作品展へと乗込みに来てしまった(!)のです。
 
 
20130225_04

写真右:構想設計3回生・南大樹さんとギャラリーノマルの林氏。


 
作家さんが常駐されている作品もあり、直に解説をしていただきながら和やかに会話が弾みます。
 
 
20130225_05

京都市美術館・本館の様子
写真左上:版画、右上:彫刻と構想設計、左下:染職、右下:陶芸


 
20130225_06

京都市美術館の次は、京都市立芸術大学の学内展示へ。
車中でパンをかじりながらの移動です。


 
→京都市立芸術大学 作品展ツアー![後編] へとつづく。
 

※「京都市立芸術大学 作品展」オフィシャルサイト> http://w3.kcua.ac.jp/~exhibi-s/
 
text:大場美和/『アートワークスプロジェクト @KCUA』コーディネート担当、アートコートギャラリー
 

いざ、シンガポールへ – ART STAGE SINGAPORE出展

Goto Yasuka Solo show / TEZUKAYAMA GALLERY / ART STAGE SINGAPORE 2013

Goto Yasuka Solo show / TEZUKAYAMA GALLERY / ART STAGE SINGAPORE 2013


 
こんにちは。今年からART OSAKAの実行委員長を務めることになりました、テヅカヤマギャラリーの松尾です。
 
昨年で10周年を迎えたART OSAKAに実行委員として参加させていただき、今年で11年目のキャリアのあるフェアでの大役ですので重責を感じますが、頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します!
 
ART OSAKAブログで色んな情報を届けようということで今回は私が担当いたします。
 
さて、1月23日から27日まで開催されたシンガポール最大のアートフェアART STAGE SINGAPOREに出展してきました。昨年も出展しましたが、シンガポールの最近のアートに対する力の入れ方にはやはり凄さを感じました。出展ギャラリーもロンドンのVICTORIA MIROやパリのペロタンなど大御所が名を連ねています。これからの活性を期待してのことでしょう。
 
 
ART STAGE SINGAPORE 2013

ART STAGE SINGAPORE 2013


 
そしてシンガポールは何と言っても他の地域ではあまり交流の機会がないタイやインドネシア、フィリピンのギャラリーやコレクター、アーティストとの交流が出来、とても新鮮 さがあります。今の東南アジアのアート発展は目覚ましいものがあり、これからどんどんマーケットも育っていく事が予想されます。
 
 
Art Complex “GILLMAN BARRACKS” / Breakfast party at Local Gallery

Art Complex “GILLMAN BARRACKS” / Breakfast party at Local Gallery


 
アートフェアの会期中は色んなイベントが行なわれます。美術館ではアジアのビッグコレクターのコレクションによる展覧会レセプションがあったり、朝はギャラリーのブレックファストパーティーがあってアーティストや他の国の方たちと制作について話が出来たり、 新たに出来たアートコンプレックススペース“GILLMAN BARRACKS/ギルマンバラック”での合同レセプションが行なわれたりと、朝から夜までイベント目白押し。 本当にアート漬けの毎日が過ごせます。いつもそんなイベント後に皆さんと食事に向かい、またアート談義で盛り上がってホテルに帰るとヘトヘトで即ベッド行きです。しかし海外で皆さんに会うと普段はあまりしない深い面白い話が出来るのでとても充実しています。
 
 
20130205_4
 
海外での楽しみと言えばやはり食事でしょう。特にアジアはどこに行っても美味しくて、私は食べ物の画像ばかり撮っています。シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、 インド人街のインド料理も外せません。今年も行ってきました。そしてベタになりますが、ラッフルズホテルでシンガポール スリングをみんなで頂きました。あとはシンガポールの朝食ではよく食されるという ”KAYA トースト”なるものも頂きました。 これは東京の豊洲にもお店があるということなので、皆さん是非一度食べてみてくだ さい。
 
text:松尾良一/ART OSAKA 実行委員長・テヅカヤマギャラリー代表