京都市立芸術大学 作品展ツアー! [前編]

ART OSAKA実行委員メンバーによる、2013年課外活動・その1。
 
ということで、「京都市立芸術大学 作品展」ツアーを敢行してまいりました。
 
20130225_01
 
 
どーん! やはり、まずは京都市美術館ですね。2月15日、天候は雨時々曇り。今年の作品展のビジュアルイメージ(ポスター)は、シックな風合いです。
 
美術館のエントランスで、今日の課外活動の目的を確認しあいます。
 
 
20130225_02
 
さて、突然の発表ですが、今年のART OSAKA 2013では、フェア独自の企画展として、『アートワークスプロジェクト @KCUA in ART OSAKA 2013』(仮)を現在構想中!であります。
 
ART OSAKAの会場となるホテルグランヴィア大阪・26階は、2009年7月に“グランヴィアフロア〜憩(いこい)〜”にリニューアルされて以降、現代アートを展示するコンセプトフロアとなって営業されていらっしゃいます。皆さん、ご存知でしたか? そのリニューアル当初から同ホテルでは、京都市立芸術大学との産学協同事業として、26階の48客室とエレベーターホールに有望な若手作家の作品を常時展示し、一年ごとに展示替えをするプロジェクトを行っているのです。それが、『アートワークスプロジェクト @KCUA (Kyoto City University of Art)』 !
 
 

アートワークスプロジェクト @KCUA の展示風景(ホテルグランヴィア大阪・26階)

アートワークスプロジェクト @KCUA の展示風景(ホテルグランヴィア大阪・26階)


 
昨年まで、ART OSAKA期間中は常時展示している作品を一時的に引き上げていたのですが、今年は、このプロジェクトとART OSAKAがタッグを組み、アートファンの皆様に、この会場ならではの展示をぜひご覧いただきましょう!さらには、展示作家もART OSAKAから選出させていただきたい!というわけで、ART OSAKAで展示をお願いしたいアーティストとの出会いを求めて、我々実行委員メンバーは作品展へと乗込みに来てしまった(!)のです。
 
 
20130225_04

写真右:構想設計3回生・南大樹さんとギャラリーノマルの林氏。


 
作家さんが常駐されている作品もあり、直に解説をしていただきながら和やかに会話が弾みます。
 
 
20130225_05

京都市美術館・本館の様子
写真左上:版画、右上:彫刻と構想設計、左下:染職、右下:陶芸


 
20130225_06

京都市美術館の次は、京都市立芸術大学の学内展示へ。
車中でパンをかじりながらの移動です。


 
→京都市立芸術大学 作品展ツアー![後編] へとつづく。
 

※「京都市立芸術大学 作品展」オフィシャルサイト> http://w3.kcua.ac.jp/~exhibi-s/
 
text:大場美和/『アートワークスプロジェクト @KCUA』コーディネート担当、アートコートギャラリー
 

広告