月別アーカイブ: 2014年3月

多様なアートフェアのかたち

写真_会場外観

写真_会場外観

みなさまこんにちは。3月も中頃に入り先日まで続いていた全国的な寒波も少し落ち着いてきましたが、もう少し暖かい日が続くのが待ち遠しいですね。

さて、今回のブログは、ART OSAKA事務局にて、2月からスタッフをしております新人・鈴木が東京のアートフェアを見に行った感想を執筆していきます。

全国的に雪も散らついていた 3月7日(金)、8日(土)、9日(日)と東京では「アートフェア東京」(東京国際フォーラム 展示ホール)と「3331 ART FAIR Various Collectors’ Prizes」(3331 Arts Chiyoda(以下:3331))という2つのアートフェアがおこなわれました。

「アートフェア東京」は今年で9回目を迎え、企画展示やトークショーも充実し、日本最大のアートフェアとして連日多くの来場者で賑わっている様子でした。アートフェア東京事務局さんからの速報ですと、来場者数は約5万人にも上ったそうです。

本ブログでは、もう一つのアートフェア「3331 ART FAIR Various Collectors’ Prizes」に足を運んでみての感想を綴っていきます。

写真_会場入り口

写真_会場入り口

今回の3331のアートフェアは、コレクターがセレクトした作家を集め、フェアを開催するというタイプのものでした。2005年から毎年歴史を重ねているアートフェア東京とは異なり、このようにアートフェアを開催するということが新しい試みとなります。

出展単位がギャラリーという通常のアートフェアとは異なり、セレクター(コレクター)によって選ばれたアーティスト一人一人に空間が設けられ、総勢 91名のアーティストが一堂に会し、1階のギャラリー空間で作品の展示販売がされていました。

写真_会場風景1

写真_会場風景1 

少し過去の3331のHPを遡ると2013年に「3331 ART COLLECTOR FAIR」(2013/4/6-2013/4/21)をという展覧会を開催していました。こちらは、フェアではないものの、アートコレクターや団体の持っている作品のコレクション展をおこなうという企画だったそうです。

「3331 ART COLLECTOR FAIR」2013年の企画詳細についてはこちら

ギャラリストでもなくキュレーターでもないコレクターの視点から、展覧会やアートフェアの開催がおこなわれることで、普段美術鑑賞のみをしている方々に、現代美術の作品を「買う」という、鑑賞を超えた関わり方を伝える、新しいきっかけづくりがなされているように感じました。

そして今回、特徴を感じた部分が、「コレクターズ・プライズ」というものが設けられていたことです。これは本企画でセレクターとなった人物や、その他コレクターや団体が賞を設けることで、選出されたアーティストの作品を積極的に購入するなどして、現代アーティスト育成の一翼を担うものとして存在しています。

会期自体も、通常のフェアでしたら3日間程度の短期間で開催されることが多いですが、3331のフェアは1週間おこなわれています。これはカフェやコミュニティスペース、多様なジャンルのギャラリーが1つの施設内に入っており、幅広い世代や分野の人々が集うアートセンターという特質を活かしたもののように感じました。通常のフェアのより会期を長くすることで、「アートを買う。」ということを身近に感じられるようなきっかけづくりとなっているのではと感じました。

写真_会場風景2

写真_会場風景2

会期中のイベントでは、7日(金)におこなわれたトークイベントとレセプションパーティーからはじまり、10日(月)から13日(木)、15日(土)のほぼ連日おこなわれるコレクターズナイト、16(日)におこなわれるシンポジウムなど、1日1イベントのペースで様々な取り組みがおこなわれていました。

写真_会場風景3

写真_会場風景3

今回のフェアをみたことで、一言にアートフェアと言っても、大規模な展示場を使用するものや、アートセンター内でおこなわれるもの、ART OSAKAのようにホテルのワンフロアを使用するなど様々な場所でおこなわれています。場所が異なえば、フェアのアプローチの仕方も様々だということを改めて感じました。

数あるフェアの中でART OSAKAは、ホテルという場所を活かし、家具などが置かれる日常生活に近い雰囲気で作品を身近に感じていただくと同時に、やはり非日常的な特別な空間を持つ中で現代美術をご覧頂きたく思っております。アートに関心のある方はもちろんのこと、ホテルに宿泊される方にも足を運んでいただき、「アートを買う」ということに少しでも関心を向けていただけますよう、実行委員並びに事務局は7月12日(土)、13日(日)の会期に向けて着実に動いております。

展覧会概要
タイトル:3331 Art Fair –Variuus Collectors’ Prizes-
会期:2014年3月7日(金)〜3月16日(日)
会場:アーツ千代田3331 1階メインギャラリー
主催:3331 Arts Chiyoda
URL :http://artfair.3331.jp/

Text:鈴木香澄(ART OSAKA 2014 事務局スタッフ)