月別アーカイブ: 2014年4月

フェア開催に向けて

0419_01

写真_下見の様子

 寒かったお花見シーズンもあっという間に過ぎ去り、日増しに春の陽気が続く今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回のブログは、先日行われました展示場の下見の様子について、4月からART OSAKA 事務局スタッフをしております、新人・室谷がレポートさせていただきます。

4月14日(月)上着を脱ぎたくなるほどの暖かな日差しの中、「ART OSAKA 2014」の会場となりますホテルグランヴィア大阪26階にて客室等の下見がおこなわれました。下見は、4月と5月の2回にわたって開催されます。今回は、約30人のギャラリスト・アーティストの方々がお集まりくださいました。

7月のフェア開催まであと3ヶ月足らず。一時間ほどの限られた時間の中、みなさまは部屋の広さや家具の配置などを入念にチェックされ、また、ホテルスタッフの方々やART OSAKAスタッフとも展示方法の相談や家具の移動等について打ち合わせていきました。

0419_02

写真_客室下見の様子

0419_03

写真_客室の様子

会場となりますホテルグランヴィア大阪はJR大阪駅直結の利便性の高いホテルで、「ART OSAKA 2011」からご協力いただいております。26階からの眺望はすばらしく、ナイトビューイングでは、夜景とともにアートをご鑑賞いただけることもART OSAKAの楽しみの一つとなっております。

0419_04

写真_ホテルグランヴィア大阪26階からの眺め

今回、出展ギャラリーの中の15軒が参加されます[EXHIBITION PLUS]では、展示専門スタッフも加わり展示により力を入れていきます。美術館でもホワイトキューブでもない、ホテル客室という生活空間に近い場所を異空間に変えてしまうことができるのは、現代美術の醍醐味でもあり、「ART OSAKA」ならではのものではないでしょうか。フェア開催当日、ギャラリスト・アーティストたちの手によってどのような展示がなされていくのか楽しみで仕方がありません。

下見途中、「ギャラリーやアーティストのご要望にできる限りお応えします。」と柔軟に対応してくださるホテルスタッフさん。そのお言葉に胸が熱くなり、たくさんの力が結集してART OSAKAが形作られていることを実感いたしました。

ホテル高層階に約50ものギャラリーが一堂に会す「ART OSAKA」。7月12日(土),13日(日)のたった二日間の開催となりますが、アーティストと会話することやアートに触れること、「アートを買う」ことで広がるアートの楽しみ方をより多くの方々に味わっていただけますよう、実行委員並びに事務局ともに尽力させていただきます。

Text:室谷智子(ART OSAKA 2014事務局スタッフ)