第3弾「アートで目覚めるvol.3」作家インタビュー:藤田紗衣

ART OSAKA2015企画展「アートで目覚めるvol.3」の出展作家へのインタビュー第3弾は京都市立芸術大学で版画を専攻された藤田紗衣さんです。学部を卒業されて同大学院へ進み現在も制作を続ける藤田さん。独自の制作方法のお話や、作品に対する思いなどをインタビュアーの加藤義夫さん(加藤義夫芸術計画室/ ART OSAKA実行委員)に存分に引き出していただきました。

u2 / 2015

u2 / 2015

〈作品展の印象〉

加藤(以下:K) 作品展を拝見してその中で僕自身、藤田さんの作品を選んだんですけど、新しいイメージを持った作品だなと思いました。これらは版画ですか?

藤田(以下:F) シルクスクリーンを使ってはいます。白い部分が紙に板目のイメージを刷ったものです。(トップ画像作品)

K:あ、そんなに複雑な事を。

F:茶色い部分が本物のベニヤ板です。紙にシルクスクリーンで板目の質感を刷って、ベニヤ板にそれを貼って。本物の板と自分が作った板の質感を隣り合わせたり、ベニヤ板をくりぬいて押し出したりして。その上に文字のイメージを刷っています。

K:聞いてるけど全然分からへん(笑)

F :(笑)

〈版画への興味〉

K:版画に決めた理由は何でしたか?

F :最初は油画専攻に行く気で京都市立芸術大学(以下、京芸)を受験しました。でも入ってから版画専攻があることを知って。1回生と2回生で違う専攻を選んでから本専攻を決める制度だったので、せっかく2つ選べるしと、軽い気持ちで1回生の時に版画専攻に進みました。その時に教わった事がすごく面白くて。難しくて何にも上手く出来なかったんですけど、版画の考え方や技法にものすごく惹かれてしまいました。次に当初の予定通り油画を選択したのですが、版画専攻で学んだ事は心の隅にずっとありました。

K:その時は版画で何をやったの?

F:木版画とシルクスクリーンです。2つだけやって油画専攻に進んで、また版画専攻に戻ってきた感じです。

K:では版画って言うのはかなり魅力的な表現媒体だったということ?

F:はい。凄く新鮮で。今までは直接紙に描く事しか無かったので。版を介して作品を作るとか同じものがいっぱい出来るとか、版画の考えを立体にしている先生もいて。そういう考え方で周りの景色を見ているとあれも版画かもしれない、これも版画かもしれないと見えてきて面白いなと。

K:版画と言えるかどうか分からないような。立体も全部版画っていうところまで作品を落とし込むと何でもありやね。
藤田さんのスタイルとしては版画をどういう風に思ってるの?

F:シルクスクリーンに特に興味があって、最初は紙に自分で考えたイメージを刷って作品を作っていたんですけど、それだけじゃ物足りなくなったというか。最近はエディションがある作品じゃなくて、一点ものの作品を制作しています。

K:せやね、僕が見た時は版画と思わなかったもん。版画という領域で勉強してきたけど、そういうことは抜けちゃってるというか。色んなメディアがあるから、自分の表現で、立体に行くかもしれないけど今は平面的な絵画の領域に興味があるんやろなと。
藤田さんは、版画という領域を選んでるんだけど違うんだろうなっていうような自由なところにやっと来たかなって思います。

F:私はものの形に興味があって、最近は文字や記号の形が面白いなと思っています。自分が見ているものを違う形で再認識したいという気持ちがあります。

K:再認識というとこがあるんやね。何故そこに興味を持ったのか、それを見てみたいと思ったのかという動機をもう少し詳しく話してもらえますか?子どもの頃の事とか。

F:子どもの頃からよく近所をうろうろ散歩していたんですが、そのとき単純にものを見るのが面白くて。景色を眺めて目で建物と木のシルエットを組み合わせてこういう形になるなあと思ったりとか。

K:いわゆる妄想癖やね。

F:(笑)。ものの形を見るという事が好きで。それから京芸に入ったんですけど、最初はドローイング、スケッチを主にしていました。物を見ながら手元は見ずに書くということをよくやっていて。物の輪郭を目でなぞった時の感覚だけで手を動かして出来たものが面白くて。それを自分の好きな色とかに置き換えたりして、絵を描いていました。

kokeshi / 2014

kokeshi / 2014

そこから物に名前や意味が与えられる事とかに興味を持ちだして、自分の絵を文字とコラージュしたイメージをシルクスクリーンで刷って作品を作っていました。それからイメージと支持体の関係について考えたくて、文字とパネルを使った作品を作りはじめました。

K:だからベニヤをそのまま素材というか、画面で使ってるってことよね。

F:はいそうです。

K:文字とかシンボリックなマークとかを解体、分析というか。それは何なのという興味が根底にあるのかな。あと、物の名前に興味があると仰ったけど世界を一回解体させて、自分が拾える物を拾って再構築したいという欲望から始まっているのかなと思ったりしました。
今、世の中にあるものは決められたことばかりじゃないですか。「教育とはこういうものだ」「版画とはこういうもので、だからこう作りなさいね」っていうような。でもそうではなくて藤田さんは、自分が街をぶらぶらしいて変だなと思ったものを、一回自分の中でリアリティを持つように咀嚼したい。

ART OSAKA実行委員:加藤義夫(加藤義夫芸術計室)

ART OSAKA実行委員:加藤義夫(加藤義夫芸術計画室)

既成概念や社会常識を自分の中で解体しなくちゃいけないので、文字とか気になる物を解体して、そこから見えてくるもの、失っていくものもあると思うけど、気になる物を拾い起こして再構築して、藤田さんの世界を再構築していくことで自分のリアリティを作品に刷り込ましていくというか、摺り合わせる作業の中で、自分の世界を自分でも見たいし、人にもこうだよって知ってほしい。この世界はいつのまにか作られていて自分は作ってないから、そういう意味で本質的な世界を自分自身で作りたいというのが作品に出てきているのかなと思いました。

〈これまでの展示のこと〉

K:これまでの展示経験について、ギャラリーでの展示や、公募展等は出した事はあるの?

F:はい。一番印象に残っているのは、3回生の時に展覧会をする授業というのがあって。版画専攻の学生10人くらいで京都のギャラリーで展覧会をしました。その時私は版画をやらなくて。当時版画を本当にやるべきなのかが分からなくなっていたので、一回自分の手で直接描く事に戻ってみようと思って。そこでやったことが結構大切な体験だったと思っています。それ以降シルクスクリーンを中心にやってきているんですけど、その時のことはいつも頭においてやっています。

藤田紗衣

藤田紗衣

K:他の学生達は版画作品を出していたの?

F:はい。

K:そういう時、先生達は「いいよ」って言うんですか?

F:はい、「やれやれ」って言って下さって。専攻内でも自由な雰囲気はありました。表現の方法を固定されずに絵が描きたいなら絵を描いていいし、版画やりたいならやりなさいっていう。
K:それは楽でいいよね。じゃないと「何で版画やってるんだ?」とか言われたりするしね。

F:そうですね、版画じゃなくても真剣に見て下さる先生がいっぱいいらっしゃいました。

K:それは環境が恵まれてるね。

〈今後の活動とART OSAKAにむけて〉

K:大学院に行こうと思ったのは何かを目指してということなの?

F:ものを作ることを中心にして生きていきたいなと思ったので。

K:ART OSAKAに選出されて出品するということだけど、期待する事ってありますか?

F:ホテルという特殊な場所なので、場所と作品がどう繋がるかというのが気になります。

K:ホテル空間は、ホワイトキューブのように作品を展示・鑑賞するためにある空間とは違って、日常空間に近い場所なので難しいところもあるかと思います。

でも、そこでどう作品が息づくかという部分では、コレクターが持って帰った場所で作品がどう生かされていくかという考えとほぼ一緒なので。そういう事を念頭に制作や展示に取り組んでもらえればと思います。実質的には作品の命って発表して終わりじゃなくて、誰かの手に渡ることで息づくと思うんです。気に入った作品をお金を出して持って帰ってもらって、その人の家の中で最も適した場所に飾られて、作品の命は息づくと思っています。

あとは、アートフェアってアートマーケットっていう部分が大きいけれど、面白いのは色んな作品が目の中に飛び込んできて自分と比較するチャンスが生まれるということやね。美術館に並んでいるような作品とも同じ土壌で比較できる。そういうところに連れて行ってくれるのがアートフェアなんかなと思う。いいチャンスだと思いますね。頑張ってください。

F:ありがとうございます。

インタビュー風景

インタビュー風景

〈藤田紗衣 略歴〉
1992 京都府生まれ
2015 京都市立芸術大学 美術学部 版画専攻 卒業
京都市立芸術大学 大学院 美術研究科 修士課程 絵画専攻 版画 在籍中
〈グループ展歴〉
2015 京都市立芸術大学作品展(京都市美術館、大学構内/京都)
2014 第39回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館/東京)
PORTO DI STAMPA(アートゾーン神楽岡/京都、B-gallery/東京)
2013 drawing by my numbers(ocean temporary space/京都)
〈受賞歴〉
2015 京都市立芸術大学作品展 市長賞

編集 / 鈴木香澄(ART OSAKA事務局)

広告