カテゴリー別アーカイブ: ART FAIR Overseas

ART TAIPEI 2013 レポート(後編) – 市内の関連イベント

roomsLink TAIPEI 会場:松山文創園区

New City Art Fiar in  roomsLink TAIPEI

さて、ART TAIPEI 2013 に同時並行して、市内では様々な現代アートの展覧会が行われていました。
現代美術館 MOCA Taipei や、Taipei Fine Art Museumでも現代美術展が開催されて、
そして日本の hpgrp GALLERY が中心となって行っている New City Art Fair も、roomsLINK というファッション・雑貨・アートの合同イベントの一環として、松山文創園区 (Songshan Cultural and Creative Park) で開催されていました。 roomLINK の雰囲気は、来場者の年齢層もメインフェアに比べて若く、日本のプロダクトやアートを気軽に楽しむ若者達で溢れていました。

New City Art Fiar はこちら >>>

ちなみに松山文創園区は、日本の統治時代の1937年に、煙草専売事務所として建設された広大な近代建築群で、デザインミュージアム や クリエイティブ産業の事務所なども入居している雰囲気のよい建物。市庁舎駅から徒歩10分程と好立地でした!

photo10

松山文創園区:New City Art Fair 会場

市内のギャラリーでも連日オープニングか予定されており、円山駅近くにある AKI Gallery では 「Contiguous Zone / 領海」と題した展覧会が11月2日(土)からスタートしておりました。この展覧会は、YOD Gallery、Gallery KOGURE、hpgrp Gallery と日本の三つのギャラリーがそれぞれワンフロアずつ使って、日本人作家を台湾で紹介する展覧会です。11月9日(土)夜にはオープニングが開催され、台湾の方々、日本人が沢山集まりました。

AKI Gallery オープニングの様子

AKI Gallery 「Contiguous Zone」展 オープニングの様子

私が訪ねたもう一つの展覧会は、市内北に位置する 国立台北芸術大学に付属する開渡美術館 (Kuandu Museum of Fine Arts) で開催されていた、「亜洲巡代 / ASIAN CRUISE」展。〜12月15日(日) 迄。
14名の台湾の現代美術作家を、日韓中台から4名のゲストキュレーターによって構成したもので(日本担当は金島隆弘氏/アートフェア東京ディレクター)、出身国によって選ぶ作家の雰囲気の違いを感じ、多様性のある興味深い展示でした。

「亜洲巡代 / ASIAN CRUISE」展 の詳細はこちら >>>

大学は緑の丘の上にあり、河を隔てた遠くに TAIPEI 101 が霞んでみえる気持ち良い環境でした。写真を取り忘れたので、下記写真は美術館HPより拝借。

国立台北芸術大学付属 開渡美術館 / Kuandu Museum of Fine Arts, TNUA

国立台北芸術大学付属 開渡美術館 / Kuandu Museum of Fine Arts, TNUA

以上の2泊3日のART TAIPEI 滞在記。

改めての感想ですが、台湾の現代美術シーンは、文化と経済との両輪で産業として作っていこうとする姿勢が随所に感じられました。
現代美術の産業の育成・成長は、同時にデジタルメディア、ディバイス等のソフト面の成長を促し、それに関わる人材、雇用を新たに生み出すことについても、フォーラムでは度々に語られていました。またフェアが都市規模のイベントになれば、海外などから来場するゲストへ、ホテルや食事、リラクゼーションなど観光サービスへも繋がって行くことは明らかです。

補足として、今回のレポートは、フェア運営やプログラム構成、フェアの時期に開催されていた周辺イベントが中心になっています。
今回の滞在だけでは見えてこないし、殆ど触れることができないのですが、通常の台湾の現代美術シーンはどれほど盛り上がりを見せているのでしょうか。アーティストやギャラリーの現場の声が、大きな方針や政策に繋がっているのではないかと推測します。普段のコマーシャルギャラリーの継続的な活動、年間を通じた画廊協会や Art Economy Reserch Centerとの連帯、美術館のコレクションを含め行政の方針、また税制の優遇など、他にも様々な要因が連動しているはずです。

text:宮本典子 / ART OSAKA フェアマネジャー

ART TAIPEI 2013 レポート(前編)- ART TAIPEI とTAIPEI FORUM

フェア会場:台北世貿一館 / Taipei World Trade Center Hall 1

ART TAIPEI 2013 フェア会場:台北世貿一館 / Taipei World Trade Center Hall 1

11月7日(木) ー11日(月) の5日間、台北で開催された ART TAIPEI 2013 へ、視察に行ってきました。ART TAIPEI は今年20周年を迎えるアジアで一番長く続くフェアで、国内外から約150のギャラリーが出展しています。

ART TAIPEI 2013は、今年も活況で、その成功の秘訣は、台湾ならではの心のこもったポスピタリティとともに、台湾画廊協会の存在と芸術産経研究室 (Taipei Art Economy Research Centre) との共同、そして年々更新される運営組織の存在、そして経済局や文化庁、市など行政との連帯が挙げられるでしょう。

さて、ART TAIPEI のフェアディレクターは、台湾画廊協会の代表が担っており、3年に1度の選挙によって決まります。 今年から新しいディレクターに、Oliver Cheng 氏 (Chuan Cheng Art Center, Beijin) が就任し、その人柄からとてもユーモアと勢いのあるフェアになりそうです。ちなみに、Oliver Cheng 氏の Chuan Cheng Art Centerは、ART OSAKA 2012 にも出展されていたので、お会いしている方も多いかもしれません。

新しく就任した台湾画廊協会の 張逸群 / Oliver Chung 氏

新しく就任した台湾画廊協会の 張逸群 / Oliver Chung 氏

ART TAIPEI 2013 の展示ブース、約150の内訳は、近代美術系が30、現代美術系が110、写真や映像、インスタレーションなどの新しい表現に特化した “New Media”と呼ぶブースが6、等から構成されています。

その他、特徴的なのは”Young Artist Discovery” として若手有望作家にブースを提供しているところです(ただし作家個人の出展ではなく、ギャラリーが若手作家の個展として見せています)。主に台湾の、若手登竜門的な賞を受賞していたり、グループ展に出展歴のある作家を、作家略歴の掲載されたリーフレット(もちろんバイリンガル)と共に紹介しており、外国からの来場者の視点で見れば、台湾の若手作家の動向を見て取ることができる一角となっていました。

フェア会場: Young Artist Discovery ブース(緑)

フェア会場: Young Artist Discovery ブース(緑)

Young Artist Discovery ブース:張永達 / Yung-Ta Chang 作品 /  亜洲芸術中心 / Asia Art Center より出展

Young Artist Discovery ブース:張永達 / Yung-Ta Chang 作品,
亜洲芸術中心 / Asia Art Center, Taipei・Beijin より出展
東日本大震災時に、日本でレジデンスを行っていた経験から、制作された地震のデータを用いたメディアアート

New Media ブース:向文君 / Wen-Chun Hsiang 作品 /  芸星芸術中心 /  Star Gallery, Taipei より出展

New Media ブース:向文君 / Wen-Chun Hsiang 作品
芸星芸術中心 / Star Gallery, Taipei より出展
GPSを使って都市の生活領域を美的に映し出した作品

ART TAIPEI FORUM 会場:誠品百貨店  Presentation by  Director of Taipei Art Long-sheng Shih, Economy research Cente

ART TAIPEI FORUM 会場:誠品百貨店
Presentation by Director of Taipei Art Long-sheng Shih, Economy research Center

ART TAIPEI 2013 では、同時並行で ART TAIPEI FORUM「亜洲価値 / ASIAN VALUE」と題した、密度の濃いフォーラムも開催されていました。本来このフォーラムへの参加には、3日間通しのチケットが必要なのですが、時間の都合上どうしても2日目しか出席できない旨をお伝えし、担当の方に特別に対応して頂きました(感謝)。

このフォーラムは、台北芸術産経研究室 (Taipei Art Economy Reserch Center) が主催となり、オランダのMaastrichit Universityや、台湾の国立師範大学、文化庁などが支援して行われていました。
トピックは、1日目は主にペーパーセッション、つまり学会の論文発表が行われたようですが、
( 詳しいプログラムはこちら  >>> )
私が拝聴した2日目は、ドイツ銀行の 国際アートプログラムの紹介を通じて、企業が取り組む現代アート支援の意味、価値についてのレクチャーの他、産経研究室 の今年の主要研究テーマであった、現代アートに関心のある層に向けた、新しいメディア ArtAppの開発報告や、都市における現代アート産業のインパクト、影響力について、ドイツ・カッセルのdOCUMENTA や カールスルーエのZKMへの調査取材の報告などが行われました。

なるほど!と思ったことは実に沢山あります。 一つにはArtAppの開発も、現代アートに興味を持っているユーザーに使いやすいサービスを提供して、代わりにきちんとしたデータを集め、マーケティングに活かそうとしている方針と実践があり、またメディアセンターであるZKMを事例にしたのにも、台湾のIT産業の強みを現代アート産業にもつなげようとする方針を確かに感じました。

3日目は、日本、香港、台湾のギャラリ-ディレクターによるパネルディスカッションが続いたようです。個々のトピックの深い内容に関しては、立派なカタログを頂いたので、後で詳しく拝見しようと(汗)。

ART TAIPEI FORUM  Presentation by Friedhelm Hütte, the Global head of Art program at  Deutsche Bank AG

ART TAIPEI FORUM
Presentation by Friedhelm Hütte, the head of Global Art Program,  Deutsche Bank AG

私は、ART OSAKA 事務局を担当している立場上、どうしても運営やプログラム構成に関心があります。
ART TAIPEI 2013 ではフェア本体でも、特別展として「森山大道の個展」が企画され、森山大道氏をはじめ、毎日複数のトークイベントも開催されていたのですが、それに加えて上記のART TAIPEI FORUMの内容です。
これだけのプロフェッショナルで、充実したプログラムを組める人材力、資金力には、正直、羨ましさを通りすぎて、ため息が出る程です。

ため息ついでに言うと、8日(金)夜には、フェア会場近くの5つ星ホテル W Hotel で行われたVIPパーティに、コレクターのSさんにお誘い頂き、同席させて頂きました。パーティは、着席式での台湾料理フルコースので、原住民の伝統楽器によるとっても現代的なライブ音楽も行われ、 はぁ=) 本当に素敵で贅沢な時間を楽しませて頂きました。

VIP  Dinner Party:W Hotel Taipei

VIP Dinner Party:W Hotel Taipei

(後半に続く)

text:宮本典子 / ART OSAKA フェアマネジャー

バーゼルアートウイーク

アートバーゼルといえば、資本主義的、商業主義的な意味では間違いなく世界最高峰のアートフェア。マイアミや香港でも、 “ART BASEL”の名を冠したラグジュアリーなフェアを開催し、 “アート界のオリンピック”と自称するほどの圧倒的な存在感を示しています。
 
今年で44回を数える本家バーゼルの開催は毎年6月。世界中からトップクラスのギャラリーやアーティスト、キュレーターにコレクター、メディアが集まり、それに合わせて地元美術館やギャラリーが力の入った展示をおこないます。
 
サテライト(衛星)フェアと呼ばれる大小様々なフェアも市内各所で開催され、ライン川沿いの古都はちょっとしたお祭りのよう。バーゼルの人口およそ16万人に対し、期間中に街を訪れる人の数はなんと6万人以上と言われています。
 
 

アートバーゼル会場。北京オリンピックの”鳥の巣”を手掛けたバーゼル在の建築家ユニット ヘルツォーク&ド・ムーロン によるリノベーションで生まれ変わった展示場はとにかくデカイ。

アートバーゼル会場。北京オリンピックの”鳥の巣”を手掛けたバーゼル在住の建築家 ヘルツォーク&ド・ムーロン によるリノベーションで生まれ変わった展示場はとにかくデカイ。


 
20130706_02

(左) 会場はとにかくでかい。
(右) よくわからないデカイボール。自分のちっぽけさを思い知らされます。


 
バーゼル市内中心部空が明るくまるで宵の口のような風情ですが、緯度の高いスイスでは夜10時をまわったところ

バーゼル市内中心部。空が明るくまるで宵の口のような風情ですが、緯度の高いスイスでは夜10時をまわったところ。


 
そして、今回筆者がバーゼルにやってきたのはサテライトフェアの中でも主要なものの一つ “VOLTA9” に出展するため。
 
その名のとおり9回目を数えるVOLTAですが、規模はそれほど大きくないものの、カッティングエッジな作家を紹介するギャラリーが多いユニークなフェアとして認知されています。
 
 
“VOLTA9" 会場の様子

“VOLTA9″ 会場の様子


 
会場が市街中心部から少し離れたDreispitzと呼ばれる旧貨物列車デポを再開発したエリアなのですが、いかんせん来場者数がかなり少ない。
 
アートバーゼル本体はベネチアビエンナーレ開催年であることもありかなり盛り上がっているとの情報で、出展ギャラリーたちは事務局に文句タラタラでしたが、それはフェアではよくあること。それでもさすがBasel Art Weekだけあってわざわざやって来る数少ないビジターの質は良く、アートに対する見識が高いのは質問や反応でよくわかるのです。
 
 
気がつけば周りに客は短パンのおっちゃん一人だけ。平日は基本的にこんな感じ。

気がつけば周りに客は短パンのおっちゃん一人だけ。平日は基本的にこんな感じ。


 
そして今回のテヅカヤマギャラリーの出展作家は、いま北関東で最もカッティングエッジな男タムラサトル氏。
 
昨年のART OSAKAではその破壊力のある展示で爆笑を誘い、アートの構成要素としてのユーモアの重要性を再認識させてくれた作家ですが、アートビジネスの聖地でもお客様の反応はすこぶる良く、作品意図の理解が速いのはもちろん、笑ってほしいところで笑ってくれる、素敵な出会いがたくさんありました。
 
初日にプーマのロゴがただただ回転する “PUMA Machine”をとある富豪がご購入され、最終日には日本ではまず売れないであろう”接点”の大きな作品までお嫁入り。傑作 “100kg Man”はヨーロッパのアートファンにも大人気で、 “小太りの男が全裸になる”という普遍的な笑いのフォーマットをすぐれたアートワークにまで昇華させたタムラ氏にはあらためて脱帽です。
 
 
往路乗り継ぎのアムスにて。バーゼル入り前なのに表情が既にカッティングエッジなタムラ氏。

往路乗り継ぎのアムスにて。バーゼル入り前なのに表情が既にカッティングエッジなタムラ氏。


 
(左) プーママシーン。Facebookを通じてPUMA本社にコンタクトを試みるも全くの無視。 (右) 50の白熱灯のための接点#5。飛び散る火花、明滅する電球を見て皆思わずニヤリ。「oh, very clever!」

(左) プーママシーン。Facebookを通じてPUMA本社にコンタクトを試みるも全くの無視。
(右) 50の白熱灯のための接点#5。飛び散る火花、明滅する電球を見て皆思わずニヤリ。「oh, very clever!」


 
100kg Manに爆笑するスイスのティーネイジャーの皆さん。ライ麦畑でつかまえて。

100kg Manに爆笑するスイスのティーネイジャーの皆さん。ライ麦畑でつかまえて。


 
ところで、アートフェア以外にも見るべき美術館が沢山あるバーゼル。
 
1671年に開設された世界最古の公共美術館のひとつ、バーゼル市立美術館、当地出身の美術商でアートバーゼルの創始者の一人でもあるエルンスト・バイエラー氏が設立したバイエラー財団、また、スイス出身、バーゼルで学んだ彫刻家ジャン・ティンゲリーの名を冠したティンゲリー美術館、前出のヘルツォーク&ド・ムーロンによって2003年に竣工したシャウラガーなどなど、アート好きには時間がいくらあっても足りません。
 
 
(左) ジャコメッティ”歩く男”(バイエラー財団)。こんなファンキーなやつ知らん。 (右) ティンゲリー美術館で日曜に行われたブレックファーストレセプション。緑の芝生、ティンゲリーの噴水を囲んで昼間っから生ハムとフルーツでワインを鱈腹。そして至福。

(左) ジャコメッティ”歩く男”(バイエラー財団)。こんなファンキーなやつ知らん。
(右) ティンゲリー美術館で日曜に行われたブレックファーストレセプション。緑の芝生、ティンゲリーの噴水を囲んで昼間っから生ハムとフルーツでワインを鱈腹。そして至福。

20130706_14
 
6/16、アートウイーク最終日、フェアは最後の来場者を送り出し、遅い日没を待たずにお祭りは終了。ギャラリーもアーティストもコレクターも、一年後の算段を胸に秘め、皆それぞれの場所に帰ってゆくのです。
 
text:宮下和秀/TEZUKAYAMA GALLERYアシスタントディレクター
 

いざ、シンガポールへ – ART STAGE SINGAPORE出展

Goto Yasuka Solo show / TEZUKAYAMA GALLERY / ART STAGE SINGAPORE 2013

Goto Yasuka Solo show / TEZUKAYAMA GALLERY / ART STAGE SINGAPORE 2013


 
こんにちは。今年からART OSAKAの実行委員長を務めることになりました、テヅカヤマギャラリーの松尾です。
 
昨年で10周年を迎えたART OSAKAに実行委員として参加させていただき、今年で11年目のキャリアのあるフェアでの大役ですので重責を感じますが、頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します!
 
ART OSAKAブログで色んな情報を届けようということで今回は私が担当いたします。
 
さて、1月23日から27日まで開催されたシンガポール最大のアートフェアART STAGE SINGAPOREに出展してきました。昨年も出展しましたが、シンガポールの最近のアートに対する力の入れ方にはやはり凄さを感じました。出展ギャラリーもロンドンのVICTORIA MIROやパリのペロタンなど大御所が名を連ねています。これからの活性を期待してのことでしょう。
 
 
ART STAGE SINGAPORE 2013

ART STAGE SINGAPORE 2013


 
そしてシンガポールは何と言っても他の地域ではあまり交流の機会がないタイやインドネシア、フィリピンのギャラリーやコレクター、アーティストとの交流が出来、とても新鮮 さがあります。今の東南アジアのアート発展は目覚ましいものがあり、これからどんどんマーケットも育っていく事が予想されます。
 
 
Art Complex “GILLMAN BARRACKS” / Breakfast party at Local Gallery

Art Complex “GILLMAN BARRACKS” / Breakfast party at Local Gallery


 
アートフェアの会期中は色んなイベントが行なわれます。美術館ではアジアのビッグコレクターのコレクションによる展覧会レセプションがあったり、朝はギャラリーのブレックファストパーティーがあってアーティストや他の国の方たちと制作について話が出来たり、 新たに出来たアートコンプレックススペース“GILLMAN BARRACKS/ギルマンバラック”での合同レセプションが行なわれたりと、朝から夜までイベント目白押し。 本当にアート漬けの毎日が過ごせます。いつもそんなイベント後に皆さんと食事に向かい、またアート談義で盛り上がってホテルに帰るとヘトヘトで即ベッド行きです。しかし海外で皆さんに会うと普段はあまりしない深い面白い話が出来るのでとても充実しています。
 
 
20130205_4
 
海外での楽しみと言えばやはり食事でしょう。特にアジアはどこに行っても美味しくて、私は食べ物の画像ばかり撮っています。シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、 インド人街のインド料理も外せません。今年も行ってきました。そしてベタになりますが、ラッフルズホテルでシンガポール スリングをみんなで頂きました。あとはシンガポールの朝食ではよく食されるという ”KAYA トースト”なるものも頂きました。 これは東京の豊洲にもお店があるということなので、皆さん是非一度食べてみてくだ さい。
 
text:松尾良一/ART OSAKA 実行委員長・テヅカヤマギャラリー代表