カテゴリー別アーカイブ: Exhibition

京都市立芸術大学作品展ツアー2014

漆工ゾーン/京都市美術館1F

漆工ゾーン/京都市美術館1F

皆さん、こんにちは。今年は全国的に大雪が続いていますね。
物言わぬ大自然のヴェールと、口からぽかんふわん~と出ていく白い息とで、関西でも全域に渡って朝の景色にホワイトアウトを感じた方は多かったのではないかと思います。どうぞくれぐれも、日々のお仕事にもアート鑑賞にもご無理のないよう、心身とも大事にあたたかくしてお過ごしください。

さて、一昨日の2月13日、ART OSAKA実行委員メンバーは京都市立芸術大学作品展ツアーに行ってまいりました。
関西のアートの動向が集約されるART OSAKAでは、若手作家を紹介する場の創造も重要なミッションとして、以前からも、企画・実施してきました。

ex) 2006年 林俊作によるライブペインティング(企画:加藤義夫芸術計画室)
ex) 2011年 岡田真希人・来田猛・高橋卓久真「epiphany〜世界を発見する方法〜」(企画:森山貴之/京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)

そして、昨年は「ホテルグランヴィア大阪×京都市立芸術大学 アートワークスプロジェクト」を発展させたフェア企画展「アートで眠る、アートで目覚める」を開催しました。
ART OSAKA 2014でも、若手作家をご紹介する更なる名企画を打ち出すべく、今年も作品展へのリサーチに伺わせていただいたというわけです。
今回は、同大学キャリアアップセンター・谷澤紗和子氏にご案内をしていただきながら、作品展(京都市美術館)→博士課程展(ギャラリー@KCUA)→作品展(学内)と廻りました。

0215_03_museum

油画ゾーン/京都市美術館2F

井村一登 (学部3回/芸術学ゾーン/京都市美術館1F)
井村一登 (学部3回/芸術学ゾーン/京都市美術館1F)

美術館では、漆工、染織、陶磁器のゾーンが濃密で、展示形態までを含めた各々のこだわりが作品からとてもよく伝わってくるという印象を持ちました。台座と絡み合うような作品や、展示室に寄生するように提示されている作品もあり、造形を飛び越えパフォーマンス的な主張も垣間みられて、各ゾーンとも濃密な空間になっていました。
個人的には、芸術学の研究対象のラインナップが興味深く、ぜひ継続して実評論の場にも成果をつなげていってほしいと思えるものが多いと感じました。

昨年の「アートで眠る、アートで目覚める」出展作家で、まだ大学に在籍している5作家(高木智子(油画)/渡辺千明(油画)/勢野五月葉(日本画)/笹岡由梨子(油画)/西澤みなみ(構想設計)の新作も、やはり魅力的でした。

高木智子(油画M2/京都市美術館)

高木智子(油画M2/京都市美術館)

西澤みなみ(構想設計M2/学内展)

西澤みなみ(構想設計M2/学内展)

高木智子は、図像のぼかしから絵具の凸までの奥行きによる平面の視覚認識を探り、同モチーフを異なる描写バランスで複数点描くというスタイルで制作しています。画面から漂う独特のざわつき感には強力磁石のように惹き付けられるのですが、これは実見しなければ経験できないので、このブログではお伝えしきれないのが残念です・・・。
西澤みなみは、映像インスタレーション。希望者は、レインコートを着用して鑑賞できるとのこと。作品と空間と人の関係を自然に行き来させる、透明感のある仕掛けにも美しさとセンスを感じます。円形に映し出されたスクリーンの中で、女の子もレインコートを着ているようです。全貌は、まだ内緒の方がよいかもしれませんね。

森川阿沙子(構想設計M2/学内展)

森川阿沙子(構想設計M2/学内展)

鈴木孝平(彫刻 M2/学内展)

鈴木孝平(彫刻 M2/学内展)

新平誠洙(油画 M1/学内展)

新平誠洙(油画 M1/学内展)

岸本光大(油画M2/学内展)

岸本光大(油画M2/学内展)

個展形式での発表がメインとなる学内展では、パフォーマンス記録やサウンド、映像インスタレーション、平面作品ではミクストメディアによる作品展開が印象に残りました。
素材であるモノと作家の手が直接触れ合う中から生まれていく作品は少なく、デジタルメディアがやはり日常化して身近になっているのだなーと。そうした世代感覚が浮き彫りになっていたのもおもしろかったです。彼らの世代にとっての美術や作品に対する理想像とはどんなものだろう?どんなふうに世界の捉えて見ているのだろう?そんな話も聞いてみたいと新たに思いました。

ART OSAKA 2014への企画にどのように繋がっていくのか、乞うご期待〜。

雑賀通浩(彫刻M2/学内展)

雑賀通浩(彫刻M2/学内展)

参考)昨年の京都市立芸術大学 作品展ツアー鑑賞の様子はこちら >>>

Text: 大場美和(アートコートギャラリー/ホテルグランヴィア大阪×京都市立芸術大学 アートワークスプロジェクト コーディネーター)

広告

「想像しなおし」展 プレビューと福岡のアートシーン紹介

ART OSAKA BLOG、今回は福岡市美術館で開催されている注目の現代美術展「想像しなおし」について、福岡を拠点に活動するアートコーディネーター 宮本初音氏(ART BASE 88 主宰)にゲストライターとして寄稿頂きました。美術館だけでなく福岡のアートシーンの現場についてもご紹介頂きましたので、福岡訪問の際には合わせてチェック下さい!

2014/1/5 ギャラリートーク会場 写真提供:福岡市美術館

展覧会 オープニング (2014年1月 5日) ギャラリートーク会場
写真提供:福岡市美術館

2014年1月5日、年始から福岡市美術館は大変な熱気に包まれた。
コンテンポラリーアートの企画「想像しなおし」展、その初日のギャラリートークに観客約200人が集ったのである。

国内外で活躍する、まさに仕事がのっている30代のアーティスト6人が年末年始の期間福岡に滞在し、制作・設営を行った。
担当キュレーターがオリジナルのテーマを決め、それに沿った作家選考がおこなわれ、各作家とじっくりやりとりしながら、作品をつくりあげていく、それを公立美術館が主催する。世界的にはスタンダードな、このスタイルでコンテンポラリーアートの展覧会が開催されることは、福岡では実は稀なことである。

改装に入る前の同館のメイン展示室を、それぞれが大胆に使った作品は、相互に関連しあい、しかし独立して新しい視点を提案しつづけてくる。謎めいたタイトル「想像しなおし」をキーワードに最先端の「現代美術」の醍醐味をたっぷり堪能できる空間である。

 大西康明

大西康明   手前:「vertical emptiness (volume of strings)」2014    奥:「untitled」2014
撮影:山中慎太郎 写真提供:福岡市美術館

手塚愛子

手塚愛子    左:「想像しなおす」2014  右:「Suspended Organs (bruise)」2014
撮影:山中慎太郎  写真提供:福岡市美術館

川辺ナホ

川辺ナホ「眼鏡店」2013-14
撮影:山中慎太郎  写真提供:福岡市美術館

狩野哲郎

狩野哲郎「Wunderkammer」2013-14
撮影:山中慎太郎  写真提供:福岡市美術館

山本高之

山本高之「Facing the Unknown」2012
撮影:山中慎太郎 写真提供:福岡市美術館

山内光枝

山内光枝「you are here」2013-14
撮影:山中慎太郎  写真提供:福岡市美術館

この福岡市美術館は1980年代にはしばしば、東京で活動するアーティストを招聘し現地制作をおこなってきた歴史がある。当時20代の川俣正や30代の戸谷成雄らが地元作家と密接に交流していた。影響を受けた作家達が、こののちにアートプロジェクトを次々と企画するという時代を迎えたのである。
「想像しなおし」展においても、地元アーティストが制作をアシストした。その関わりが今後にどう繋がるのか、興味深い。

さらに注目されるのは、同展に合わせ福岡市内の多くのアートスペースで地元アーティスト展覧会が開催されていることである。アートシーズンの秋でなく1月にこれだけの企画展が出揃うのも非常に珍しい。
「想像しなおし」展のポスターや図録等デザイン全般を担当したカラマリ・インク(福岡市博多区)は、民家を使った自社オフィスを会場に、彫刻と絵画の二人展を主催。古い家屋の雰囲気を活かした見応えある展示で話題となっている。

近藤祐史

近藤祐史 「Golem」2013 H102×W48×D70 cm Cement
撮影:山中慎太郎 会場・写真提供:カラマリ・インク

遠山裕崇

遠山裕崇 左:「無題(溶解)」2013 45.5 x 53.0 cm oil, beeswax, on canvas
右:「無題(降下)」 2013 91.0 x 116.7 cm  oil, beeswax, canvas, on panel
撮影:山中慎太郎 会場・写真提供:カラマリ・インク 

大名のkonya-gallery(福岡市中央区)では20代から50代の福岡にゆかりあるアーティスト19組が参加した「Treasure Ship」展を開催、2014年にちなんで20140円で作品販売をおこなった。作品を売買する習慣が少ない福岡で、アーティストへのサポートや交流を狙った企画であり、トークにも多くの地元アーティストが集った。

Treasure Ship展 会場風景  写真提供:konya 2023

Treasure Ship展  会場風景  写真提供:konya 2023

Treasure Ship展 トーク風景 写真提供:konya 2023提供

Treasure Ship展  トーク風景  写真提供:konya 2023

このほか若手アーティストたちに知られたスペース、art space tetra(博多区)、IAF SHOP*(中央区)、シゲキバ(中央区)などでも20代から30代のアーティスト達が意欲的な展示に挑んだ。いずれも「想像しなおし」の会期と連動し観客が回遊することを想定している。

公立美術館が地元アーティストと連携をとることは、簡単なようで意外と行われにくかった。しかし事前に情報を交換し連携していくことが、予想を超える大きな反応へと繋がっていく。この意味でも「想像しなおし」展が福岡アートシーンに与えた影響は極めて重要なのである。

2014年秋には5年ぶりに第5回福岡アジア美術トリエンナーレが開催される。人口が150万人を超え、クリエイターの移住者も増えてきた福岡。九州各地のアーティストたちとの連携も活発になっているこの地のアートシーンに、これからも注目していただきたい。

[2014年1月の福岡の注目展覧会リンク]
1/5-2/23 福岡市美術館「想像しなおし」
http://sozoshinaoshi.com/
1/5-1/19 konya gallery “Treasure S hip”
http://konya2023.travelers-project.info/konya-gallery/2013/11/konya2023-new-years-art-mart—treasure-ship—1.html
1/5-2/23 Calamari Inc. “Split Ex.”
http://split-ex.calamariinc.com
1/5-1/18 シゲキバ 生島 国宜 個展 “joke”
http://sigekiba.com/news/art/1650/
1/5-1/13, 1/14-1/26(前期と後期)
アートスペース貘「漕ぎ手達の船」
http://www.artspacebaku.net/wiki/
1/7-1/26 art space tetra 「音と平面」 諸岡光男/田熊沙織
http://www.as-tetra.info/archives/2014/140107000420.html
1/9-1/26 IAF SHOP * 實松亮 「READING 」
http://members.jcom.home.ne.jp/iaf_shop/schedule.htm

北九州
1/7-1/26 Operation Table “Morgan O ‘Hara/ Cosm opolitan Pencil どこでもえんぴつ”
http://operation-table.com/

2013/10/15-2014/1/19 千草ホテル 中庭アートPROJECTS vol.14 牛島光太郎 展「千草ホテルの『何も起きない話』」
http://www.chigusa.co.jp/art_chigusa/2013/09/project-vol14.html

text by:宮本 初音 (アートコーディネーター / ART BASE88)福岡在住

“みなとの物語” 展 フォトレポート

20131025_00

会場となる名村造船所跡地に浮かぶアヒルちゃん

こんにちは、事務局の宮本です。
前回こちらご案内した展覧会「みなとの物語」が、先週末(10月18日ー20日) 無事終了致しました。
近代産業遺産ならではの雰囲気漂う会場を存分に使った展示が行われ、
3日間だけの開催を来場されたお客様に悔やまれつつの閉幕でした(泣)。
美術展で3日間というのは、搬入設営に費やす作家やテクニカルスタッフの労力を考えると、ちょっと辛い。

それでも、来場者の数は3日間で約650名にのぼりました。
北加賀屋という大阪市内から少し離れたイメージを持つ場所において、
(実際は難波から地下鉄で10分、そして駅から徒歩10分程度と決して遠くないのですが)
これだけの方にご来場頂けましたこと、とても有り難く感じました。

それでは記録を兼ねて、フォトレポートでお送り致します。

写真1) Caption 三宅砂織 新作「声の人々は、私はふたたび聞く。」 2013 インスタレーション、ミクストメディア(ゼラチンシルバープリント、S川家の古家具、レンズ、木台) 協力:FUKUGA GALLERY 写真:早川智彬

写真1) Caption 三宅砂織 新作「声の人々は、私はふたたび聞く。」
2013 インスタレーション、ミクストメディア(ゼラチンシルバープリント、S川家の古家具、レンズ、木台)
協力:FUKUGA GALLERY  写真:早川智彬

写真2) パラモデル 2005~2013迄のペインティング作品群 協力:MORI YU GALLERY    写真:早川智彬

写真2) パラモデル 2005~2013迄のペインティング作品群
協力:MORI YU GALLERY  写真:早川智彬

写真3) ローラ・ルブーとエンリケ・ラミレス (共にJEUNE CREATION 選抜作家) 今回の空間構成は、2人のコラボレーション 空間全体を大海に、点在させた作品を航海のよりどころとなる島々に見立てたもの 協力:アンスティチュ・フランセ 関西 写真:早川智彬

写真3) ローラ・ルブーとエンリケ・ラミレス (共にJEUNE CREATION 選抜作家)
空間構成は2人のコラボレーション:空間全体を大海に、点在させた作品を航海のよりどころとなる島々に見立てた
協力:アンスティチュ・フランセ 関西 写真:早川智彬

写真3-1) ローラ・ルブー「ジャン・ケン・ポン – 星座 図1」
2013 インスタレーション、video, projection and poster
海のポスターの裏のドローイングは、領海や資源の問題を詩的に表現している

20131025_04_gotoyasuka1

写真4) 後藤靖香 咲くやこの花賞受賞作品(2012年度) 「床書キ原寸」
2011 キャンバスに顔料、ペン、ジェッソ、墨 210 x 900 cm
(c) おおさかカンヴァス推進事業 協力:TEZUKAYAMA GALLERY  写真:早川智彬

20131025_05_Yodogawa Technique1

写真5) 淀川テクニック 「若林100年ブランコ」
2012 津波で押し流された防風林の松の木
協力:YUKARI ART  写真:早川智彬

本展示は、すみのえアートフェスタという市民フェスティバルが同時開催されていた事もあり、普段は現代美術の展覧会に行かないという方にも多くご覧頂くことができました。
作家紹介の資料がもう少し充実できれば良かったと思う反省点も。
他にも、協力頂いた作家さんへのケアなどについても至らない点も多々あったに違いありません。。。

この企画は、主催となったおおさか千島創造財団さんを中心に、出展作家の皆様、
関係ギャラリ-や機関の皆様の大きな協力があって、実現することができましたこと、改めてお礼申し上げます。
そして、本展にART OSAKA 実行委員会として関われたことは、
これまでのアートフェアやギャラリーでの展示を越えた取り組みであり、
大阪の現代美術の現場に関われました事、とても貴重な経験になりました。ありがとうございました。

text:宮本典子/ART OSAKA フェアマネジャー

10月18日(金) ー20日(日) “みなとの物語 ” 開催のご案内

こんにちは、事務局宮本です。
早くも秋本番ですね。皆様、ギャラリー巡り楽しんでいらっしゃいますか?
ART OSAKA 2013 で気になった作家さんや、ギャラリーへ是非足をお運び下さいね。
きっと少しずつ新しい経験や楽しみが増えていきます。

さて、今回は、ART OSAKA実行委員会が、開催協力している展覧会のご案内です。
10月18日(金) 〜20日(日)までの3日間、北加賀屋にある名村造船所大阪工場跡地にて「みなとの物語」展を開催致します。
minato_flyer_frontminato_flyer_back

本展では、咲くやこの花賞の受賞歴を持つ日本人作家と、
フランスの芸術団体ジュンヌ・クレアシオンから選出されたフランスの新鋭作家の作品をご覧頂けます。
過去のART OSAKAに出展されていた作家さんも多く、AO2013 に出展していた三宅砂織(FUKUGAN GALLERY)やローラ・ルブー(JEUNE CREATION)さんは新作を発表予定ですので、とても楽しみです。会場となる名村造船所大阪工場跡地は、産業遺産特有の現代美術にマッチした豊かな空間で、一見の価値があります。

<展覧会概要>
————————————————
展覧会名 | みなとの物語ー咲くやこの花賞受賞者、フランス新鋭作家展ー
会  期 | 2013年10月18日(金) – 20日(日)  11:00 – 17:00
会  場 | 名村造船所大阪工場跡地(クリエイティブセンター大阪)
〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋4-1-55
地下鉄四ツ橋線「北加賀屋」駅 4番出口より徒歩約10分
入  場 料 | 無料
出展作家 | 後藤靖香、三宅砂織、淀川テクニック、パラモデル、ローラ・ルブー、エンリケ・ラミレス
主  催 | 一般財団法人おおさか創造千島財団、千島土地株式会社
協  力 | TEZUKAYAMA GALLERY、アンスティチュ・フランセ関西、ART OSAKA実行委員会、FUKUGAN GALLERY、MORI YU GALLERY、ユカリアート
公式URL | http://www.chishimatochi.info/found/?p=823
———————————————–

また、19日(土)・20日(日) の週末は、すみのえアートビートというアートイベントが、北加賀屋エリアで繰り広げられています。つまり、この週末、北加賀屋に行くと、アートでガヤガヤ盛り上がっている様です。
北加賀屋カルチャーマップ を参考に、是非まち歩きもお楽しみ下さい。

追記
特別内覧会のご案内

———————————————–
展覧会の初日にあたる18日(金)夜18時に、出展アーティストと共に会場を回りながら、作品解説を頂く特別な、機会が設けられました。
多くの方のご参加をお待ちしております。
ご参加の方は、当日18:00までに会場にお集り下さいませ。
(通常展覧会は、17時までですのでご注意下さい)

その後は、懇親会を名村造船所跡地内 の スペース”Brige” にて予定しております。
こちらは事前申込の会費制(3500円) 。食事準備の都合上、懇親会にご参加の方は事前にご連絡をお願い致します。

<懇親会 申込み先 >
E-mail にて、お名前、ご所属、ご連絡先(携帯TEL)、人数を 明記の上、15日までにお申し込み下さい。
E-mail : 1piececlubsahara [at] gmail.com ) (ワンピース倶楽部 佐原)
*[at] を@に換えて下さい。
*定員(約40席) になり次第、締め切らせて頂きますのでご了承下さい。
———————————————–

それでは、北加賀屋でお会い致しましょう!

text:宮本典子/ART OSAKA フェアマネジャー